一年を通して紫外線による日焼けから逃げることは出来ないので、しっかり日焼けケアをし、シミやシワの予防をしておく必要があります。


夏などは肌の露出が増え、海などで日焼けをする人も多いと思いますが、日焼けによる肌のダメージを放っておくとダメージの貯蓄が始まり、数年後の肌に悪影響を与えてしまうので日焼けケアはとても大切です。


紫外線は夏が強いというイメージがありますが、2月から11月まで紫外線は強く、春や秋に日焼けケアの手を抜くと、メラニン色素が増えシミやシワの原因になります。


紫外線のA波は真皮層まで到達し、コラーゲンやエラスチンなどの皮膚をピンと張らせている成分にダメージを与えるので、シミやシワの発生に大きく関わっていて、日焼けケアの手は一年中抜くことはできないようです。


日焼け後のケアは72時間以内にしっかり行うことでお肌に状態が違ってくるようです。シミやシワなどの肌の老化を防ぐには、早めの日焼けケアを心がけましょう。


日焼けケアにはビタミンCがとてもよく、コラーゲンの生成やメラニン色素が黒くなるのを予防したり、肌のキメを整えててくれる作用があります。ビタミンCは体に蓄積することが出来ないために、毎日適量を取る必要があり、ビタミンC配合の化粧水やビタミンCが豊富な食物などから体に取り入れ、日焼けケアをしっかり行いましょう。

日焼け後の赤くほてってしまった肌には、冷たい水で冷やし肌のほてりを鎮めるケアをしますが、その場合、市販のパックや美容液などは肌に刺激を与えてしまうこともあるので使う場合は注意が必要になります。


ほてりや赤みがない場合は、化粧水や美容液を使って肌をしっかり保湿し、日焼けケアしておきましょう。


日焼け予防のケアと美肌には、ニンジンがおすすめです。ニンジンは体内でビタミンAに変わるカロチンが多量に含まれており、煮ても栄養成分が水に溶けだしにくく、熱にも強く油には溶けて吸収されていきます。ニンジンは補血効果が大きく常食していると体も強くなり、美肌や日焼け予防ケアの食べ物として効果が大きいようです。


また、日焼け予防のケアには抗酸化物質の摂取がよく、主成分として、ビタミンCやビタミンE、ベータカロチンなどがいいようで、しっかり緑黄色野菜や果物を摂取することが大切です。


正しい日焼けケアは日ごろの食生活からきちんと野菜をとり、日焼け防止を心がけることです。それでも日焼けしてしまった場合は、日焼け後すぐの丁寧なケアが肝心で、しっかりと肌への水分補給と保湿を心がけ、シミやシワ、たるみなどを寄せ付けないように素肌美人を目指しましょう。

日焼け後のケアとしていろいろありますが、食べて体の中からもケアしてみましょう。


日焼け後のケアに効果がある栄養素は、カロチン、ビタミンC,ビタミンEが主な栄養素になります。日焼け後のケアに効果のあるカロチンは緑黄色野菜に多く含まれ、かぼちゃやにんじん、ブロッコリーなどの野菜を食べるといいようです。


ビタミンCは柑橘系の果物に多く含まれており、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどがよく、しぼってジュースにするとたくさんの量を食べることが出来、日焼け後のケアに効果があります。


ビタミンEはアボガドやナッツなどに多く含まれていて、そのままよりもサラダなどに混ぜて野菜と一緒に食べると食べやすくなり、日焼け後のケアには効果的です。


食べる日焼けケアとしてアボガドサラダをひとつ紹介します。


材料は、鶏ササミ、アボガド、大根、にんじん、レタス、かいわれ、大豆の水煮で、それぞれ食べやすいように切ってお皿に盛り、和風ドレッシングと黒酢を混ぜたものをかけて完成の簡単日焼けケアサラダです。


サラダの野菜はいろいろアレンジすることも出来ますし、ドレッシングに黒酢を混ぜると血行促進、披露回復効果があり、日焼けケアとともに夏の疲れた体をリセットしてくれます。


日焼け後のケアに効果がある食物はあまりくせのない食べ物が多いので、誰でも簡単に食べることが出来、とてもおすすめです。

屋外で過ごすことが多い人や日焼けが気になる人のために、日焼けケアのための健康食品があります。


一年中気になる紫外線による日焼けを体の中からケアするためのサプリメントです。


外側からの日焼けケアにプラスして、内側からの紫外線ケアを考えた女性のうつくしさを応援する美容成分がたっぷり入っているサプリメントです。


中国に自生するバラ化の植物に着目し、長年にわたって独自の研究を重ねて作られた健康食品で、燃えるような紅の実から抽出される成分によって、日焼けケアを内側から助けて透明感あるうつくしさを保ってくれます。


毎日の家事やお出かけの日焼けケア商品にプラスして使うことにより、内側からのうつくしさをサポートしてくれます。


日焼けケアのサプリメントの栄養成分には、バラ科植物のカキョクが500mg、その他に食物繊維やたんぱく質、炭水化物やナトリウムなどが含まれており、一日の摂取量は9粒で取りすぎないように注意が必要です。


また、日焼けケアのサプリメントは、自然由来の成分を使用しているため、色が変わることがまれにあるようですが、品質には問題はないようなので心配ないです。


日焼けケアのサプリメントを摂取していても、バランスを考えた食事をし、食生活にも気をつけながら、内側からのうつくしさを保ちましょう。

カテゴリ

月別アーカイブ

Twitter

Twitterでフォローしてください!

DESIGNED BY